ブックメーカー投資で稼げる?日本は禁止じゃないの?

ブックメーカー投資で稼げる?日本は禁止じゃないの?

アーガイルテクノロジーのADASAシステムを利用しての投資は、「ブックメーカースポーツアービトラージ投資」と呼ばれています。そもそもブックメーカーとは何?日本での賭け事は禁止じゃないの?というところを解説します。

ブックメーカーとは?

ブックメーカー投資で稼げる?日本は禁止じゃないの?1

イギリス発祥の賭けの主催会社の総称で、現在は世界中に数千社は存在すると言われています。事前に配当率(オッズ)を提示し参加者を募集し賭けを行い、そのオッズ差で生まれる賭け金の一部を手数料として受取ります。取り扱う賭けの種類はスポーツに限らず、気象、政治、エンターテインメントまで多岐に渡ります。

ブックメーカーの違法性について

ブックメーカーは日本は禁止じゃないの?ブックメーカーで投資をすることは日本ではグレーゾーンになります。なぜグレーかというと、ブックメーカーで投資をする行為そのものは、日本では賭博罪に該当します。

しかし、賭博罪は犯罪の性質上、必ず複数の人間が関わる『必要的共犯』とされ、胴元と参加者という向かいあう関係の者たちが共犯となることから『対向犯』と呼ばれています。ところが、胴元であるブックメーカーは完全に合法なので処罰ができません。対向犯の一方である胴元を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです。

更に、私たちがアーガイルテクノロジーのADASAシステムを使って参加する場合は、私たちが直接ブックメーカーサイトでベットするわけではありません。ADASAシステムが抽出したデータのキャンペーンに私たちは参加をするということになります。そういった意味からも、法律的には全く触れていないということになります。

なぜブックメーカーか?

スポーツ全体の 世界の年間市場価値は1兆ドル超と猛スピードで成長する億万ビジネス産業です。今後スポーツが無くなることはありえませんし、イギリス人の娯楽と経済を支えるブックメーカーが無くなることも皆無だと思います。また、スポーツアービトラージの収益性は経済情勢や市場要因には全く影響されません

ADASAシステムとは

過去において、ブックメーカーのノウハウを学習して、手動BETや全自動BETシステム等、色々と試してきた方もおられると思います。

大きく勝つ場合は月利で300%の時もあり、負ける場合は100%以上となります。昼夜問わずBETしていると、それこそ労働収入に感じる事もあるかも知れません。アーガイルテクノロジーADASAシステムを利用すれば、月に6~7回参加することができ、しかも日中好きな時間に賭けられて、かつキャッシュアウトも必要ありません

100%利益が出ているシステムを利用して、毎試合、毎月必ず利益を出すことができるので、全員同じ利益率で資産を増やし続けています。結果に波がある方法だと正直紹介する事もリスクとなりますが、これは必ず利益が出ます。そして、合法的にかつ継続性が見込めるので安定した収益を計算できます。もちろん参加する額にもよりますが、まだこのシステムを使っている人は本当に少ないですし、利用すればするほどリターン額も増えていく流れが組めます。アーガイルで安定した利益を共に築いていけたら幸いです。

アーガイルテクノロジーで老後資金を稼ぐ

はまだ公式LINE@

稼げる副業情報を配信しています。アフィリエイト、FX、バイナリーオプション、仮想通貨、輸入販売、MLM、オンラインカジノなど、幅広く副業・お小遣い稼ぎに関する有益情報を不定期に配信します。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*